FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせと「態癖(たいへき)」

こんばんは名取市下増田の歯医者 美田園歯科院長の松永です。


1月も寒い日が続いています。
インフルエンザもじわじわと流行してきているようです。

1月からスタッフの体制が変わりました。
担当衛生士の変更等ご迷惑をおかけすることもありますが
よろしくお願いいたします。

そして春ころにはまた新しい話題を提供できるかもしれません。
そちらのほうは適宜ブログでもお伝えしようと思っています。

今回は専門書の話ですが
「態癖 力のコントロール」
という本があります。
態癖(たいへき)…聞きなれない言葉ですが
習慣的な癖や姿勢のことだと思ってください。
態癖が口腔内に及ぼす影響をまとめた本なのです。

指しゃぶりや爪噛みなどが歯並び、かみ合わせに影響を与える
のはなんとなく知られていることかもしれませんが

寝るときの姿勢(特に横向きやうつ伏せ)
あるいは日中、または仕事中に特異な姿勢で長時間いることによって
歯並び、かみ合わせに影響がでているというお話がたくさん書かれています。
実は1920年代からこういった口腔外からの力は不正咬合の原因になるといわれてたそうです。
しかしあまり一般的に知られていないのは
歯並び、かみ合わせの異常の原因は口腔内及びその周囲にあるはずだという
ある種の思い込みが患者さん、先生双方に潜在的にあるからなのかもしれません。
実際そういうことがほとんどですが原因不明なものもあります。
そのヒントとなるものがたくさん載っていました。

口腔内を一見しただけでは見つけることのできないこういったことは
患者さんへの問診から見つかることも多いですが
患者さん自身が習慣的な姿勢がお口のなかのトラブルの原因につながってる
とは思わないでしょうし、もしかしたら話題にも登らないことかもしれません。
しかし丁寧な問診から原因の糸口が見つかることもあるんだなと
我々にとっては非常に興味深い本でした。

amazonでも取り扱ってるようです。こちら
お値段はちょっとビックリ、18,000円です。

ここをみている数少ない関係者の方々へ(笑)
この本は「買い」だと思います


最後に豆知識(この本からですが)
低反発まくらで横向き、うつ伏せで寝ると顔面に長時間強い力が
かかる場合があるようです。低反発まくらは仰向けでの使用が基本のようです。
あごのズレよって起床時にかみ合わせの違和感が出たりすることも
あるようなので、心当たりのある方はまくらを変える必要があるかもしれません。
ちなみに昔ながらのそば殻のまくらが適度に力を逃がしてくれて、横向きにはよさそうです。
うるさくって寝られないって話もありますが…

それでは
スポンサーサイト

テーマ : 歯の事
ジャンル : ヘルス・ダイエット

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。