FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病と歯みがき

こんばんは名取市下増田にある歯医者 美田園歯科院長の松永です。

11月にはいってすっかり日も短くなりましたね。
冬に備えて美田園歯科の中庭の植え替えも終わりました。

「歯周病と歯みがき」とタイトルをつけましたが
いまさらという感じがするかもしれません。

えーと、ペットの話です(笑)

以前から犬や猫の歯周病について話題にのぼることはありましたが
最近何度かニュースの特集でも見ました。

それは動物病院でワンちゃんが歯石除去をされてる場面でした。
先生が使用している道具はほぼ歯科医院で使うものと同じようです。
じっとしていられないので全身麻酔下で行ってました。

そのあとは飼い主さん達が集まっての歯みがき指導でした。
これはみていてもかなり大変そうでした。
人間と同じで歯石はついてきてしまうので
歯ブラシは効果的なのでしょうが
…いやいや本当に大変そうでした。

ちなみに人間の歯は32本、犬は42本あります。

子供達への仕上げ磨きでも一苦労ですものね。


歯というのは生えてきたときからむし歯や歯周病との闘いなのかもしれません
野生の動物たちにとっては歯周病で歯が抜け落ちるということは
捕食能力の低下を意味しますので自分の寿命を決めることになることになります。
それが自然の摂理なのかもしれません。

寿命が延びて、高齢のペットも増えています。
それに伴って歯周病のケアも注目されているのでしょう。

自分達でお口の中をケアできる我々はもしかしたら幸せなのかもしれません
スポンサーサイト

テーマ : 歯の事
ジャンル : ヘルス・ダイエット

リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。